二郎系ラーメンをはじめて食べてきた【夢を語れ 広島】

いっただきま~~す!

今まさにラーメンを食べようとしている。見た目がいつも食べているラーメンとだいぶ違う。どこがどう違うか?

見てくれこの肉塊。ぜったい柔らかいヤツ。口に入れたらトロトロのヤツ。最悪歯がなくてもイケるヤーツ。絶対そうだ(まだ食べてない)

大量のもやし。食べながら電話したら相手が困るくらい量がある。ザクザクザクザク…うるせー!!!ってなるヤツ。

仕上げに投入された背油とニンニク。明日のことなんかほっといて一緒に走り出そうぜ!と言わんばかりのボリューム。パフュームが好きです。でもボリュームの方がもっと好きです。

 

かなり挑発的なラーメン。

「お前…オレが全部喰えるのか…?」と直接脳に語りかけてきそうだ。

 

このようなラーメンを『二郎系』と呼ぶらしい。もちろん知っていたが、二郎系ラーメンを食べたことは今まで無かった。

ポジティブに考えれば『私はこれからも二郎系ラーメンを食べることもできるし、食べないこともできる』いわば”自由の身”だというアドバンテージだったが、ついに広島にも二郎系ラーメン店がオープンしたとインターネット上で話題になっていたのでサクッと取材を兼ねて行ってみることにした。

誰だよ食べたことないってイキってたの。食べるでしょ普通。

 

夢を語れ 広島

ここがそのお店だ。夢を語れってネーミングすごいな。「語れ」って。語らせてくれるのならおっさん語っちゃおうかな?いいの?

恋とか愛とか(仮)に出演したい。

夢を語れは全国に8店舗以上を展開する人気の二郎系ラーメン店(アメリカにも支店がある)遂に広島でもオープンしたとなって、ラーメンファンが日夜行列を作って大盛況になっているのだ。

 

当日の風景。私の後ろにも列ができている。

平日でこの行列だと、土日はもっとすごいことになってるんだろうな。

 

さもありなん。

 

前からメニュー表が回ってきた。

やはりボリュームのあるラーメンなのでお客の覚悟とポテンシャルが事前に確認されるのだろう。麺量は計画的にってこと。私はすこし悩んて200gに決定。こーゆー時に中間を選びがちな自分を、最近は許せるようになった。

 

『夢を語る 0円』まるでマクドナルドのスマイル0円みたいだ。将来 Uber Eats に対応する時がきたら、メニュー表に『夢を語る0円』と表記されるのだろうか。それだけ注文して配送料だけかかるやつ現れそう。いないか。

 

店員が順番に注文を聞いている。

 

注文にあわせて洗濯バサミが付いたトランプを渡される。これをカウンターに置いておけば、お目当てのラーメンが出てくるシステムってワケ。

 

「デュヒヒ…取材できたので写真撮ってい…」

店員「いいですよーーー!(かぶせ気味に)」

うひょー!スピードとっても大事ね!

 

店頭の貼り紙にある『交流BAR』が気になった。

※夜営業の終了後、店内でお酒を飲みながらざっくばらんに交流する会のようだ。(開催は不定期)

 

実は今回の取材、行きつけのBARで夢を語れ広島のオーナー橋本さん(写真右)と飲みながら交流したことで実現した企画なのだ。酒の場での交流、とっても大事。マイナンバーくらい大事。

 

見えるところにトランプを置いて待つ。

 

洗濯バサミの色で注文を判断するって言ってたけど、何色がどうとか忘れちゃったぜ。すんません。

 

その間にトイレを借りたのだが、これがなかなか面白いので紹介したい。

トイレが宇宙空間!

誰もラーメン屋のトイレで宇宙に包まれるとは夢にも思わないだろう。俺なんて星屑デブリさ…と呟きながら用を足そう。

実はこの壁画、橋本さんの弟が描いた作品なんだそう。絵心ある兄弟うらやましい~!仲良いの羨ましい~!私は姉がいるが、夜中にジャンベ叩いてうるさかったり、ケンカして宝物のビックリマンシールを破かれた思い出しかない。いいな~。

 

このノートも面白かった。夢ノートと質問ノート。お店への質問や感想、自分の夢を語っていいノートなのだ。

 


(モザイクかけてます)

みんな夢を語ってる!!アイドルへの愛の告白が多かったのは何故?いやいや、いーよいーよそれで!みんなの夢見て元気でてきた。

 

お待たせしましたっ!!

元気な声の先にオーナーの橋本 佑哉(はしもと ゆうや)さん。全てのお客さんに丁寧に注文を聞いているし、常連さんには丁度いいイジりで挨拶していたのが印象的だ。

先日BARで飲みながら橋本さんから聞いた話を紹介したい。

  • 橋本さんは愛媛県の松山市出身
  • オーストラリア滞在中に『夢を語れ』を知り、創始者の西岡津世志さんを訪問。生き様に感銘を受け弟子入り
  • 最初はラーメン屋をするつもりはなかった。むしろ苦手だった
  • 縁もゆかりも無い土地で挑戦したかった。ふらっと寄った広島になぜかビビッと来て出店することにした
  • 夢を語れる、夢が叶う場所にしたい。ライバルは神社

 

う~ま~そ~~~!

You are my Soul~~!

私はトッピングに生卵をチョイス。夢を語れ広島のトッピングはバイトメンバーが考案している。トッピングの売上げの一部はインセンティブとしてバイトの給与に加算しているのだ(すごいな!)

橋本さん「決まった時間に出勤して言われたことだけをやってても面白くないじゃないですか?バイトのみんなにもお店をより良くする為に参加してもらいたいし、売上げがあるなら共有したいんですよ!」

なんて太っ腹なんだ…私もこんなお店でバイトしたかった。来世に期待。

 

すき焼き風に生卵をつけながら食べる。うまいに決まってる。うまい。うますぎてYou are my Soul Soul いつもすぐ側で食べたい。

 

お次は焼豚をディップ!いや、ダイブか?

 

絶~対~優~勝~~!!!

※おいしい顔の自撮りは撮っていたが、掲載に耐えれないと判断して、いらすとやで代用しました。

 

思わずサムズアップ👍

この後ペロリと完食。300gいけたかもしれん。次はチャレンジしよう。

濃いだけじゃないバッチバチにキマったスープがやめつきになる。このラーメンにファンがいるの理解できるね。

 

店員のみなさんから「グッジョブです!」とサムズアップ👍

え…めっちゃ嬉しい。みなさん普通に生活しててグッジョブって言われます?私はないです!!故に嬉しいっ!!心も体も元気がもらえる二郎系ラーメン『夢を語れ広島』。ごちそうさまでした。また来ます!

 

夢を語れ 広島 @hiroshimaziyu

広島県広島市中区広瀬町6-20

昼11時〜14時 夜18時〜21【定休日】木曜日/日曜日夜の部

 

The following two tabs change content below.
マサキマサユキ
長身猫っ毛前髪がクルン。広島県在住。インターネットでふざけてます。たまにWebライターとフリー素材モデル(ぱくたそ)。芋煮会を信じている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました