【尾道】うどんのないうどん屋

f:id:enough58:20181212015030j:plain

どうも、真崎真幸です。

先日三原へ行った際に尾道へ寄ったんですよ。ラーメンじゃなく蕎麦を食べにね。

そうしたら帰り道で目撃したんですよ!前から気になっていたうどん屋に灯りがついているところを!

ちゃんと営業してるんだ。これは行くしかないでしょう。

f:id:enough58:20181212204508j:image

f:id:enough58:20181212204513j:image

以前の記事から抜粋)

 うどんがないうどん屋。

なんなんだ?ふざけてるのか?それとも誰かのイタズラ?とずっと思ってました。

f:id:enough58:20181212015112j:plain

お昼に通るといつも閉店しているのですが、日の落ちた今回のような時間帯に提灯を出しでひっそりと営業しているようです。

f:id:enough58:20181212015352j:plain

全然中の様子が見えない (笑)

わしは行くぞ!入店!

カランコロ~ン♬(ドアの開く音)

f:id:enough58:20181212015729j:plain

店内には常連だと思われる男性が2人。

スポーツ中継を店主と3人で楽しんでいる様子。「五郎丸~っ!」って叫んでたんできっとラグビーでしょうね。知らんけど。

f:id:enough58:20181212015803j:plain

店内は貼り紙だらけ。お店の外観とまったく変わらないごちゃっとした雰囲気。エヴァの赤木リツコがスーパーコンピューター『MAGIシステム』を修理するシーンみたいですね。(届け同世代へこの例え)

f:id:enough58:20181212205725p:plain

そうそう、これこれ。

f:id:enough58:20181212015740j:image

壁もスゴイ。

落書きだらけ。まるでゲストハウスのウェルカムノート。この落書きでちょっとした発見があって私はテンションが上がりました。

f:id:enough58:20181212214809j:plain

これこれ!カオスもん!!

ひざかけちゃーはんで私が書いた『文具コーナーの試し書きでコラボしたい』に登場する落書き。横につながってるドラえもん、命名『カオスもん』。

なぜか尾道の地で再会することになろうとは誰が予想していたことかっ?!

f:id:enough58:20181212211047p:plain

ひざかけちゃーはんより

f:id:enough58:20181212015752j:image

興味津々に壁の落書きを眺めていると店主さんがいろいろと説明してくれたので紹介します。

壁のドラえもんはこちらでは『連ドラ』と呼んでいるらしい。三原市の常連客が描いたものだとか。そのお客さんは最近来ていないので詳細は不明。

連ドラ!いい名前だ。そっちの呼び方のほうがイイね!

このお店はうどん屋として始めたが、約1年でうどん屋は辞めてBARとして現在まで営業してきたのだそう。開業して約15年。だからうどんはありません。

なぜうどん屋をすぐ辞めたのかは何回か聞いたんですが、はぐらかされました。

うどん屋の看板外さないのはこだわりなんだろうね。

f:id:enough58:20181212015757j:image

めっちゃ寒かったんで焼酎お湯割り。300円。安い!

はじめて来店した私にも気さくに語ってくれる店主さん。

このゆるい感じ好きだなあ。ごちゃっと感が秘密基地みたいで居心地良い。

今回は帰りのバスが決まっていたので1時間もなく退店しましたが、次回はここでゆっくり飲みながら尾道の話を聞きたいと思います。

やっぱ面白いわ、尾道。

f:id:enough58:20181212015136j:plain

おしまい

ツイッターやってます(@masakiyuki58

The following two tabs change content below.
マサキマサユキ
長身猫っ毛前髪がクルン。広島県在住。インターネットでふざけてます。たまにWebライターとフリー素材モデル(ぱくたそ)。芋煮会を信じている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました